TGH LVE 2017
総合東京病院LIVE2017 First Live Demonstration
ご挨拶

時下、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
この度、2017年11月16日に「総合東京病院LIVE2017」を開催することとなりました。
我々、循環器グループが当院の循環器科を立ち上げてから約2年半が経過しました。

その間、様々な先生方にご支援、ご協力を頂きながら少しずつ進展して参りました。本年4月には新しい心臓血管センターを設立し、世界1号機となるフィリップス社のAzurionアンジオ装置を2台稼働して日夜カテーテル治療を中心に診療させて頂いております。
まだまだ未熟な新しいセンターですので、様々な先生方にご支援を頂かないとならないと感じております。なじみの少ない先生方もたくさんおられることと感じ、今回日常の我々のカテーテル診療の実情をご紹介したいと考え院内ライブデモンストレーションを開催させて頂くことに致しました。

ライブ症例は冠動脈PCIと末梢血管EVTを予定させて頂いております。CTOやComplex PCIさらにFFRガイドPCIも最新のモダリティを用いて施行させて頂く予定です。またEVTも最新のエコーを用いたエコーガイド治療やCLIの症例を予定しております。

ゲスト術者の先生として、藤田博先生、平瀬裕章先生、角辻暁先生にお越し頂き卓越した治療手技を示して頂く予定です。
ディスカッション頂くFacultyの先生方には、常日頃から我々と親しくお付き合い頂いているインターベンション界で活躍中の先生方を日本全国からお招き致しました。ランチョンセミナーでは、中村淳先生、角辻暁先生に最新のインターベンション治療のトピックスについて発表して頂く予定です。

また、今後の課題として若手医師のトレーニングも重要と考え、血管モデルを使ったトレーニングルームを開設し4部に分けてトレーニングコースも併催致します。若手医師の積極的な参加を希望いたします。さらにフィリップス社主催でAzurionアンジオ装置のミニレクチャーと見学会も予定しております。会期はちょうど海外医師トレーニングのTMTのプログラム期間中であり、海外からインターベンションを勉強に来ている外国人医師12名も一緒に参加させて頂く予定です。

何分、初めての開催となりますゆえご不便をおかけすることともあろうかと思いますが、スタッフ一同力を合わせて準備致しますので、何卒宜しくお願い申し上げます。ご参加される先生方に実りある会になりますよう祈念して開催のご挨拶とさせて頂きます。

総合東京病院副院長 TMT 理事長 村松俊哉
総合東京病院副院長 TMT 副理事長 塚原玲子
Program at glance
Program
Opening remarks
Live demonstration 1
Live demonstration 2
ランチョンセミナー
Live demonstration 3
Live demonstration 4
Closing remarks
いざという時に役立つ Tokyo General Hospital インターベンショントレーニングコース